楽天モバイルはeSIMを副回線として利用がおすすめ!最短当日開通で利用可能

楽天モバイル

楽天モバイルを検討しているけれど主回線(1回線)だと電波が繋がらないかも知れないから不安!

メインスマホとしては安くても安定していなくて使えない!

と感じている方は多いです。

 

確かに建物(コンクリート造)の中や、『え?こんなところでも圏外になるの?』って思いを管理人もしてきました。

 

しかし、デメリットばかりではなくメリットもあります。

 

それは

 

初期費用がかからない(データ容量1GBまでは無料)、そして楽天リンクのアプリ経由で国内通話が無料となることです。

 

Rakuten Link | オプションサービス | 楽天モバイル
電話・メッセージがこれひとつ。楽天モバイルの便利なスーパーコミュニケーションアプリ「Rakuten Link(楽天リンク)」の設定方法・ご利用方法をご案内します。

 

私はガラケーだから娘との電話は毎回5分以内に切ってかけ直していたからこれならたくさん時間を気にせず話せるわね!

管理人
管理人

いつも時間を気にしてましたからね。

 

 

時間無制限も辛いけどね。家事があるし仕事もあるからね

 

・・・。

 

楽天Linkアプリからの通話の品質は通常電話より劣りますが無いよりはマシです。

(意外に郵便の再配達とかに使えます)

 

今賢い方たちはメインで使っているスマホの通信会社を主回線として維持しつつ、サブ的な役割に楽天モバイルを副回線として利用しています。

 

そうすれば2台持ちではなく2回線持ちとなります。

 

Androidスマホで2枚SIMカードを挿入できれば2枚とも物理SIMカードでも大丈夫です。
iPhoneスマホは1枚しかSIMカードを挿入することができないので楽天回線を申し込む時に『eSIM』を選択しましょう。

 

管理人も物理SIMカード×eSIMの2回線やってます。

 

やり方はこのあと解説します。

 

 

実際にiPhoneのスマホから楽天モバイルのサイトへと進みeSIMを申し込みしてみましたが、申し込みから開通まで2時間ほどでした。

 

何度でも言いますが、楽天モバイルはデータ容量1GB以下で利用するなら1回線目はほぼ無料(タダ)です。

(細かなユニバーサル料金やSMS(ショートメッセージ)は別途料金が発生しまうかも知れませんが数十円から数百円です)

それぐらいは楽天ポイントから支払いましょう。

 



副回線にオススメです。

 

 

楽天モバイル申し込み前に準備しておくこと

 

じゃあ私も楽天モバイルを申し込みしてみましょうかね〜・・・。

 

で、eSIMってどうするの?

 

管理人
管理人

基本的には通常の物理SIMカードを申し込む時と同じだよ。

 

その前に

・引き落とし(支払い)に使うクレジットカード💳
・本人確認書類📃
・登録用のメールアドレス

 

この3点を用意しておきましょう。

 

ざっくりと説明すると

 

SIMカード選択時にeSIMを選択し、本人確認をスマホで撮影(表、斜め、裏)して自撮り(まばたき)して問題なければメールアドレスに確認メールが届きます。

 

あとは決済用のクレジットカードを登録すれば完了です。

 

 

SIMカードの差し替えが必要ないので、SIMカード挿入スロットが一つしかない場合はeSIMを選択すれば一つのスマホで2回線が可能です。

 

 

eSIMはAIかんたん本人確認(eKYC)を選択すれば即時開通

 

実際に申し込み画面に進めていくとシムの選択があります。

 

そこでeSIMを選択します。

 

本人確認はこちら。

 

ねこ
ねこ

とりあえず早く使いたいわー。

 

管理人
管理人

そんな時はeKYCを選択してください。スマホでさっと撮影すれば完了です。

 

※「AIかんたん本人確認(eKYC)」はスマートフォンからのみ、PCからは不可。

 

書類の撮影(運転免許証もしくはマイナンバーカード)と顔の撮影で確認。eSIM対応スマホをお持ちでeSIMをお申し込みの方は、最短即日で開通できます。
カメラへのアクセスが求められるので許可してご利用ください。
運転免許証やマイナンバーカード(写真付き)を選択しましょう。
住所や生年月日が本人確認書類と違うと申し込み不備となり、再提出が必要になります。
うまくボヤけないように撮影してください。
表面、斜め、裏面と撮影していきます。
個人情報を入力していきクレジットカードの決済方法を入力していけば申し込みが完了します。
管理人
管理人

早速登録したYahooアドレスに確認の通知がきましたね。早い。

 

eSIMだから実現する 簡単・手軽な申し込みスタイル | sim | 製品 | 楽天モバイル
本体一体型のeSIMなら開通手続きも簡単。eSIM対応製品でオンライン本人確認(eKYC)をご利用いただくと、お申し込み完了後、約5分でスマホが使える!簡単・手軽な理由、お申し込み手順についてご案内いたします。

 

 

eSIMの開通にはmy楽天モバイルのアプリが必須

物理SIMカードは郵送で届いて開封してSIMカードを差し込めば開通します。
eSIMは物理的なSIMカードがなくmy楽天モバイルに楽天アカウント(IDとパスワード)を紐づけています。
必ずダウンロードしましょう。
 
ダウンロードしたmy楽天モバイルにログインします。
※楽天IDとパスワード🔑が必要です。
『開通手続きへ進む』を選択すれば、そのスマホ(今使っている)に開通が完了します。
もしも他のスマホでその回線(電話番号)を使いたい場合は下側にある『開通用QRコードを表示』させ、使いたいスマホで撮影して読み込みます。
開通テスト(電話かけれるか、着信するか?)して落ち着いたら楽天Linkのアプリもダウンロードしておきましょう。
管理人
管理人

設定から楽天回線を主回線にしてみるとRakuten4Gと表示されました。

 

アンテナも2本になりましたね。

以上の事から

 

楽天モバイルはメリットを使えばとても便利です。

 

どこの通信会社もメリットデメリットがあります。

 

音声通話は20円/30秒かかったり、5分以内無料やオプション様々です。

 

我が家はLINEを持たないガラケーの祖父母へ連絡するときは楽天リンクのアプリからこうして番号入力してかけるんだよ!

って伝えています。

 

1回線はあってもいいですよ!

 

mineo(マイネオ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました